長茎術は保険が適用される?されない?

長茎手術に保険が適用されるかとうことですが、これは適用されません。
何故かと言うと陰茎を長く、大きくさせなければならない理由というのは存在しないためです。
ペニスが小さいからといって実生活でなにか不便になることもありませんし、健康面で問題が発生するわけでもありません。
性行為の際などにコンプレックスを持ってしまうというのはあくまでも、本人の考え方次第で同じぐらいのサイズであっても悩んでいないという人も数多くいるわけですから、そのようなことのために税金を投じて手術を受けるということはできないのです。
長茎術に限らずとも行う必要のない治療を行うというのは個人の自由ではありますが、それに対して国が面倒を見てくれるということはないので保険が適用されることはありません。
包茎治療や長茎術なら東京銀座長澤クリニックなどの有名な医療機関がありますが、もちろんこれらも保険は適用されず、自費診療という形となります。
長茎術をするにはかなり高額な費用がかかるので、悩んでしまいがちですがそれだけのお金をかける価値があると判断した場合のみ受けることができるものとなっています。